広島で住宅ローンの支払いに困ったら任意売却協会が解決致します。

広島任意売却ロゴ
一般社団法人任意売却協会-logo
アーク司法書士法人電話番号

平日・土日祭日24時間

広島任意売却ロゴ
一般社団法人任意売却協会-logo
アーク司法書士法人電話番号

《住宅ローンの返済でお悩みの方》

自宅に住み続ける
方法があります。

一般社団法人任意売却協会

広島任意売却ロゴ
わかりやすい任意売却

任意売却はこんな方にオススメです。

住宅ローン返済-遅れている-方

既に住宅ローンの返済が遅れている方

当社にご相談にこられる方で、一番多いケースです。既に、住宅ローンの返済が遅れている場合や、督促状や催促状が送られてきている場合は、すでにおくれている 『時間の猶予』がないので、お早めにご相談ください。

住宅ローン-返済-困難

今後、住宅ローンの返済
が困難になりそうな方

近頃は、リストラや転職、お勤め先の業績悪化によるボーナスのカット等により、ご家庭の経済状況が悪化し、住宅ローンの支払ができなくなるケースが増えています。「まだ大丈夫!なんとかなる!!」と頑張られる方が多いですが、手遅れになる前に専門家、に相談される事をオススメします。

住宅-担保-借金返済-困難

住宅を担保にした借金の返済が困難になった方

住宅ローンの他に、住宅を担保に
した借入(借金)をされている場合も、支払いができなくなれば、競売物件として担保にしている住宅は売却されます。当然この場合にも、任意売却はとても有効な対処法となりますので、お早めにご相談される事をオススメいたします。

裁判所-競売通知書

裁判所から、競売通知書が届いた方

裁判所から「競売通知書」が届いた方は、もう「一刻の猶予」もありま
せん。この場合、競売処理が早いか?任意売却の処理が早いか?のスピード勝負となります。なので、いますぐご相談ください。

どうしても住宅を手放したくない方

Q.1 そもそも任意売却ってな〜に?

任意売却の説明をする前に

住宅ローン-借入金-支払

住宅ローンや借入金(住宅を担保にした)の支払ができなくなった場合、通常どうなるのか?

任意売却の説明をする前に、まず住宅ローンの返済ができなくなったら、通常どうなるかを説明しましょう。

住宅ローンや借入金(住宅を担保にした)の支払いが、なんらかの理由で困難になった場合、そのままにしておくと、あなたの家はあなたの意思とは関係なく「競売」にかけられます。

競売にかけられると、入札制度によって「最高金額を申し出た者」に、あなたの家が売却されます。そうなれば、あなたは現在お住まいの住宅から強制的に退去しないといけなくなります。もちろん競売によって得られた売却金は、債務(住宅ローンや借入金)の返済にあてられるため、あなたの手元にお金が残ることはありません。

では任意売却とは?

任意売却とは

あなたと債権者(金融機関等)が円満解決する為に、《最も有効な手法》で、その後の『生活再建』も出来やすい。

任意売却とは、左記で説明した『競売入札がおこなわれる前』に、あなたと債権者(金融機関等)との合意のもとに、『あなた自身の意思で売却すること」をいいます。競売は、「あなたの意思とは無関係」に、あなたの自宅が売却され、売買代金もすべて債務(借金)の返済にあてられるため、「精神面・金銭面」ともに余力がなく、生活を再建しようにも、できない方が多くいます。

その点、任意売却は、あなたと債権者(金融機関等)との間で交渉ができる為、できる限り双方に良いカタチ(条件)での解決を模索する事ができ、自宅売却後の『生活再建』も競売に比べ、格段に出来やすいのが特徴です。

私たち「アーク司法書士法人」のお仕事は、あなたの代理人として、個人では難しい「自宅の売却」や「債権者(金融機関等)との交渉」を弊社が代理で行い、生活再建の為のベストパートナーとして、万全のサポートをいたします。

Q.2 なぜ任意売却がいいの?

任意売却-良い理由

「どうせ自宅を売却するなら、競売でも任意売却でも一緒じゃないか!!!」と思っていませんか? でも、競売と任意売却では、とても大きな差があるんです。

良い理由 1

任意売却-良い理由-1

そのまま自宅に住み続ける方法がある

まず大前提として、任意売却なら「債務(借金)の内容や、あなたの強い意志次第」で、いまお住まいのご自宅に「そのまま住み続ける方法」もあります。
しかし、競売になれば、そんな方法を模索するどころではありません。当たり前の話ですが、あなたの意思とは関係なく
強制的に、ご自宅は売却されます。

良い理由 2

任意売却-良い理由-2

競売入札に比べ高額で売却できる可能性が高い

競売の場合、入札開始時の設定金額が低いので、どうしても市場価格の7・8割程度の金額で落札される事が多くなります。それに比べ、任意売却だと「市場価格に限りなく近い金額での売却を目指す」ので、競売入札に比べて高額で売却できる可能性が高いといえます。高く売れるということは、それだけ残債務(借金)の減少につながり、その後の生活再建がしやすくなります。

良い理由 3

任意売却-良い理由-3

引越資金や当面の生活資金の確保も可能

競売入札で売却されると、売却金額はすべて債権者(金融機関等)に支払われますが、任意売却の場合、債権者(金融機関等)との話し合い次第では「売却金額の一部を手元に残すことも可能」です。その為、その資金を「引越代金や当面の生活費にあてることも可能」なので、その後の生活再建がしやすくなります。

良い理由 4

任意売却-良い理由-4

公に告知される心配がない

競売になれば「公告」というカタチで、新聞や業界紙、インターネット等で競売物件として、あなたのご自宅の情報
が公表されます。その為、もしかすると知られたくない方
や隣近所にも知られる可能性が高くなります。しかし、任
意売却なら公表される心配がないため安心です。
(※ただし、任意売却と同時に競売入札にかけられていた場合を除く)

以上のように、任意売却と競売では「その後の生活再建」に大きな差が出てくるのです。

Q.3 任意売却の流れはどうなっているの?

任意売却流れ

無料相談

あなたが現在どんな状況なのか、今後どうしたいのかを具体的にお聞きします。

現状分析

ヒアリングで得た情報を基に、現状を分析し、ベストな方法をご提案いたします。

契約

ご提案した内容や方法に納得して頂いた上で、あなたの仲介代理人となります。
※費用は一切かかりません。

不動產鑑定

近隣地域の相場やその他、蓄積したデータを基に、ご自宅の価格査定を行います。

債権者との交渉

当社のスタッフが、あなたの要望を基に、債権者と交渉をいたします。
(*内容・状況によって異なります)

不動產売買契約

買い手が見つかり次第、購入、希望者とあなたで売買契約を締結していただきます。
(*内容・状況によって異なります)

抵当権の抹消

壳買決終了後、債権者に競売の取り下げや、抵当権の抹消をしてもらいます。
(*内容・状況によって異なります)

新生活のスタート

残った引越費用や当面の生活資金で、新しい生活のスタートです。

※1) 無料相談時に「どうしてもご自宅を手放したくない」との強いご要望があった場合は、【リースバック方式】に移行いたします。
※2) 現状分析後「ご自宅を手放さなくても済む」との分析結果がでた場合は、【債務整理または過払金請求】に移行いたします。

※A) 債権者とは? ここでいう債権者とは、あなたにお金を貸してくれた金融機関または、債権回収会社の事をさします。
※B) 抵当権とは? 抵当権とは、ご自宅等を担保にお金を借りた場合、通常なら「その物件の所有者がそのまま使用」できます。しかし、お金を返さなければ、お金を貸した側が担保にした物件を売って、貸したお金の回収をしても良いという権利の事です。

依頼者の方々に聞いた

アーク司法書士法人
安心だった理由

多くの方がアーク司法書士法人にご依頼いただくのには、
下記のように安心な理由があるからです。

アーク同法書士法人-安心-理由

安心の理由 1

任意売却を専門に取り扱っているので、対応が迅速で債権者交渉など、すべてを安心してお任せできた

任意売却依頼者1

依頼者

現状を知り合いの不動産会社に相談したところ、アーク司法書士法人さんを紹介していただきました。任意売却を専門に取り扱っておられるだけあって、すべてを安心してお任せできました。

任意売却に詳しい不動産会社さまもいらっしゃいますが、債務(借金)が絡んだ任意売却を好まれない所が多いのも事実です。なので、私たちの様に任意売却を「専門」に取り扱っている所の方が、すべての面でスムーズに進むと思われます。

アーク同法書士法人オーナー

アーク
司法書士法人

安心の理由 2

買い手が見付からなかった場合、物件を買い取ってくれる

任意売却依頼者2

依頼者

任意売却を依頼しましたが、このご時世なので、なかなか良い買い手が見付かりませんでした。が、アーク司法書士法人さんが、自宅を買い取ってくれたので、競売にならずにすみました。

これは、当社の大きな売りのひとつですが、「買い手が見付からない場合」や「迅速な対応が必要な場合」そして、「自宅を手放したくない場合」などは、アーク司法書士法人が買い手となって、ご自宅を購入いたしますので、ご安心してご依頼いただけます。

アーク同法書士法人オーナー

アーク
司法書士法人

安心の理由 3

法律のプロと連携し、その他の債務(借金) 返済の相談にも柔軟に対応してくれる

任意売却依頼者3

依頼者

担当者の方の他に、司法書士の先生がサポートについてくれるので、住宅ローン以外の消費者金融業者から借りた借金の返済についての相談にも柔軟に対応してくれるので、とても安心でした。

弁護士や司法書士等、法律のプロと連携し任意整理や過払金請求等、トータルでの債務(借金)返済のご相談をお聞きする事が可能です。その為、私たち
こそが、あなたの生活再建の為の最良のパートナーになれると自負しています。

アーク同法書士法人オーナー

アーク
司法書士法人

安心の理由 4

生活再建ができやすいように、新居の手配までしてくれた

任意売却依頼者4

依頼者

任意売却が終わっても、なかなか引越先が見付からなかったんですが、担当の方が、いろいろと親身になって聞いてくださり、新しい住居の手配までしてくれました。今更ながらに、本当に、頼んで良かったなー!!と思います。

任意売却中は、気が気でない方も多く、「新生活の準備どころではない。」といった方も多くいらっしゃいます。また、左記この様な要望も多かった為、現在では当社が、依頼者のご要望を踏まえた上で、新しい住居の手配やご紹介等もさせていただいております。

アーク同法書士法人オーナー

アーク
司法書士法人

どうしても自宅を残したい場合

自宅を残す方法 1

リースバック方式で、住宅の保全を図る

リースバック方式

リースバックとは、所有していた不動産(ご自宅)を第三者(この場合、アーク司法書士法人)に売却したのち、購入した第三者つまりアーク司法書士法人より、当該物件(ご自宅)を借り受ける事をいいます。

もっと簡潔にいうと「アーク司法書士法人が、あなたのご自宅を買い取り、それをあなたに貸す」という事です。その際に発生した売買代金は、当然、債権者(金融機関等)に支払われますし、毎月の賃貸料も発生します。が、ご自宅の抵当権はなくなり、そのままご自宅で生活する事ができます。

当然これは一時的な措置で、数年以内に生活再建の見通しをたて、ご自宅を再購入していただきます。しかし、再建のメドが立たない場合は、やむを得ず第三者にご自宅を売却させていただく場合もあります。

自宅を残す方法 2

債務整理・過払金の回収による、経済状況の改善

経済状況の改善

アーク司法書士法人では、無料相談の際「債務(借金)についての内訳」を詳しくお聞きしています。お聞きした内容を、専門の司法書士が分析します。すると、「住宅ローン以外の債務(借金)がすでに終了している」にも関わらず、不当な利息が原因で、払わないでいい利息を払い続けている方がいらっしゃいます。

その方の場合、消費者金融業者に「過払金返還請求」の申し立てを行い、余分に払った利息を取り戻す事が可能です。なので、その方の場合、住宅ローン以外の支払いがなくなった上、余分に支払ったお金が戻ってくるので経済状況は改善され、自宅を手放さなくて済むようになります。

また、その他にも「債務整理」等によって、住宅ローン以外の債務(借金)を減額する事で、住宅ローンの支払いが可能になるケースなど、いろいろな方法があるので、まずはご相談ください。

なぜ自己負担0円で依頼できるのか?

なぜ-自己負担0円-依頼

自己負担金0円といわれると、何か落とし穴がありそうで、いまの時代かえって怪しい気がしますよね。でもご安心ください。

自己負担金が0円と言っても、当社の報酬が0円という事ではありません。当社の報酬は、任意売却で成立した『債権者(金融機関等)が受け取るはず』の、不動産の売買代金の中から支払われます。

なので、依頼者は「相談から任意売却」まで、無料で依頼する事ができるのです。

広島任意売却ロゴ
アーク司法書士法人電話番号

平日・土日祭日24時間

任意売却無料相談

広島任意売却ロゴ