広島で住宅ローンの支払いに困ったら任意売却協会が解決致します。

広島任意売却ロゴ
一般社団法人任意売却協会-logo
アーク司法書士法人電話番号

平日・土日祭日24時間

広島任意売却ロゴ
一般社団法人任意売却協会-logo
アーク司法書士法人電話番号

任意売却を依頼 するべき人の特徴5つ

当てはまる人は注意しよう!任意売却を検討するべき人の5つの特徴

この記事を読んでいる方の中には、現在住宅ローンの支払いを滞納していたり、住宅ローンの返済の見通しが立っていない方が多いのではないでしょうか。

住宅ローンを滞納してしまうと、最悪の場合競売によって自宅を失ってしまいます。この記事では競売を回避するための方法である「任意売却」と、任意売却を検討するべき人の5つの特徴を解説します。

この記事を読んでいただければ、自身の状況が客観的に見え、取るべき行動がわかります。住宅ローンについて悩みを抱えている方はぜひ参考にしてください。

任意売却とは

任意売却とは、住宅ローンを完済できない状態でも不動産を売却できる売却方法です。

住宅ローンを組んでいる場合、融資を受けている金融機関から不動産に抵当権が設定されていますが、売却時には住宅ローンを完済して抵当権を抹消しなければ売却できません。

不動産の売却資金がローンの残債を下回っている(オーバーローン)場合などは、貯金などの自己資金を含めて住宅ローンを完済しなければなりませんが、それほどの蓄えがない方も多いでしょう。

任意売却では、金融機関の同意を得ることで住宅ローンを完済せずとも売却できます。

わかりやすい任意売却

任意売却を依頼 するべき人の5つの特徴

任意売却を検討するべき人には5つの特徴があります。

  • 住宅ローンを滞納している
  • 住宅ローンを返済できないことが決まっている
  • 住宅の資産価値が減少し、売却できない
  • 離婚で住宅を処分する
  • 競売開始通知書が届いている

それぞれ解説します。

住宅ローンを滞納している

現在住宅ローンを滞納している方は、任意売却を検討しましょう。

住宅ローンを滞納し続けている場合、金融機関から一括返済を求められます。しかしながら、住宅ローンのように大きな金額を一括返済できる人は多くありません。

住宅ローンを滞納していると、遅かれ早かれ競売になってしまいます。

一時的に滞納しているだけで、すぐに返済を再開しようと考えている方でも、再度滞納してしまう状態に陥る危険性もあるでしょう。

すぐに任意売却を行わずとも、まずは任意売却専門の不動産会社へ相談することをおすすめします。

住宅ローンを返済できないことが決まっている

住宅ローンを返済できないことが決まっている方は、任意売却を検討しましょう。任意売却は「手間と時間」がかかるため、早めに検討していて損はありません。

  • 仕事をリストラされる
  • 病気やケガで働けなくなった

収入の減少により、住宅ローンを返済できないことがわかっている方は早い段階で任意売却を検討しましょう。

住宅の資産価値が減少し、売却できない

不動産は抵当権を抹消しなければ売却できません。

住宅の資産価値が減少し、売却価格が住宅ローンの残債を下回るオーバーローン状態の方は任意売却を検討しましょう。

任意売却専門の不動産会社へ相談することで、売却したくても売却できないという状態から進展する可能性もあるでしょう。

離婚で住宅を処分する

離婚のタイミングで住宅を処分する方も多いでしょう。しかしながら、住宅ローンが残っている状態では処分の方法も限られてしまいます。夫名義の不動産を妻名義に変更したいと考えていても、住宅ローンが残っている場合、簡単にはできません。

また、売却したい場合でもオーバーローン状態では売却もできません。不動産は高額な資産のため、離婚時にトラブルになりやすいです。

任意売却を検討することで不動産を売却でき、離婚も円滑に進められるでしょう。

競売開始通知書が届いている

競売開始通知書が届いている方は、すぐに任意売却を検討してください。

競売開始通知書が届いている場合、競売を回避する方法は任意売却しかありません。放置していると競売によって自宅を失ってしまいます。

競売の開札日までに任意売却を行わなければならないため、スピード感を持って対応しなければなりません。任意売却は通常の売却よりも時間がかかるケースが多いため、早めに相談しましょう。

まとめ

この記事では競売を回避するための方法である「任意売却」と、任意売却を検討するべき人の5つの特徴を解説しました。

住宅ローンは滞納が続くと競売によって自宅を失ってしまいます。また、売却したい場合でも、オーバーローンの状態では売却できないケースが多いです

任意売却を検討するべき人の5つの特徴に該当する方は、今後の選択肢を広げるためにも、任意売却を検討しましょう。

広島任意売却ロゴ