広島で住宅ローンの支払いに困ったら任意売却協会が解決致します。

広島任意売却ロゴ
一般社団法人任意売却協会-logo
アーク司法書士法人電話番号

平日・土日祭日24時間

広島任意売却ロゴ
一般社団法人任意売却協会-logo
アーク司法書士法人電話番号

ある日裁判所から「 競売開始決定 の通知書」が届きました。

広島市佐伯区に住むBです。私の夫は居酒屋チェーンの店長をしていますが新型コロナウィルス感染拡大で収入が激減してしまい、とうとう住宅ローンの滞納が続き、ある日裁判所から「 競売開始決定 の通知書」が届きました。

最終的には、自宅が競売にかけられてしまいました。その時は、ただただ不安で悩んでいるだけだったので何もできなかったのですが、後で調べると「任意売却」という方法があることを知りました。

ここでは、私と同じような経験をしないように、住宅ローンの返済が難しくなっている方へ競売にかけられずに済む方法などをご紹介します。

広島市佐伯区在住Bさんの体験談

家族構成 :Bさん(相談者)、夫、子供2人(小学生)
・  マンション
・  住宅ローン:残債務1500万円

私の夫は居酒屋チェーンの店長をしていますが、新型コロナウィルス感染拡大で収入が激減してしまいました。神戸では変異株が見つかったことや緊急事態宣言の再延長がされたこともあり、お店を休業せざるをえない状況が続いていました。

仕事がなかなか復帰できないこともあり、夫の収入が激減し生活もギリギリの状態になっていました。私はスーパーのレジでパートとして勤務していましたが、お店でも1人コロナ陽性者が出て休業になったり、営業が再開されてもシフトを減らされることになり、ついに住宅ローンの支払いが滞ってしまいました。

滞納が続いたので「このまま自宅が競売にかけられたらどうしよう。」と夫にも話していましたが、夫は精神的にも参ってしまい、住宅ローンについては何も話さなくなりました。

銀行からは催告書が送られてくるようになり、その後も債権回収会社からの連絡で「期限の利益を喪失しています」との報告で一括での支払いを求められました。

当然、支払うことができず、私も夫も精神的に追い込まれ、周囲にもバレたくなかったので誰にも相談できずにいました。ついには裁判所から「 競売開始決定通知 」が来ましたが、思いきって近くの不動産屋に飛び込んで、住宅ローンの滞納についてすべて話す決意をしました。

不動産会社から任意売却についての提案

不動産会社に事情を説明し、任意売却についてのお話が出ました。

任意売却とは、住宅ローンの滞納が続いた場合に金融機関の合意を経て自宅を売却することです。競売との違いも教えていただき、市場価格に近い価格で売却できる、ローンの滞納が周囲に知られにくい、持ち出し費用がかからない、交渉次第で引っ越し費用を確保できるなど、メリットがたくさんあることを知りました。

わかりやすい任意売却

競売によるデメリット

競売では、売却価格が安くなる、競売の事実がインターネットや新聞に掲載される、強制退去を迫られてしまう、残債務を一括返済しなければならないなど、デメリットについて不動産会社に説明していただきました。

今回の反省点

このように任意売却と競売の仕組みや違いを説明していただいたものの、不動産会社に裁判所から「競売開始決定通知」がきていることを説明すると、任意売却が間に合わないとの説明を受けました。少し希望が見えたと思ったのでショックでしたが、今思うと誰にもバレたくないとの理由で不動産会社に相談するタイミングが遅すぎたことをとても後悔しております。

また、競売で一番嫌だったことは、金融機関に代わり債権回収会社から何度か連絡が来たり、段階を踏みながら裁判所から書類が届いたりしたことです。さらに執行官が自宅に来たので精神的にとても追い詰められました。

みなさんは、住宅ローンを滞納してから早めに不動産会社や任意売却専門の業者へ相談することをおすすめします。競売の入札開札日に相談しても任意売却ができなくなります。実際のところ「競売開始決定通知」の段階では間に合うかもしれないことがわかったので、不動産会社選びもしっかりリサーチすればよかったと後悔しています。

私たちは競売の落札者がいたものの、住宅ローンの残債もあり生活保護の申請を検討しています。

広島任意売却ロゴ